小じわとちりめんじわの改善方法について

小じわとちりめんじわの改善方法について

 

 

小じわが出来る原因は主に乾燥で、目や口の周りの皮膚が薄い部位に出来やすいです。小じわの中でもちりめんじわは、目の周りに出来る短くて細かい複数のシワを指します。乾燥による保水力の低下によって出来ますが、加齢が主な原因ではないので年齢に関係なく出来ます。

 

顔のしわでイメージされることは老化現象ですが、ちりめんじわは年齢に関係なく出来るのが特徴です。小じわの種類のひとつですが、皮膚の浅い部分に出来るので、早い段階でケアを始めれば深いしわに進行する前に改善しやすいです。

 

最も効果ある対策は保湿です。肌の保湿には基礎化粧品の選び方と使い方がポイントです。保湿成分が豊富に配合されていることが大切で、化粧水は顔をたたくようにつけるのでなく、押し込むようにつけることが大切です。つけ方が正しければ、化粧水だけでも肌をしっとりもっちりとさせることが出来ます。さらに化粧水、クリーム、美容液を使用すれば、小じわ・ちりめんじわ対策は万全です。

 

基礎化粧品の使い方次第で小じわ対策は出来ますが、保湿成分が配合されていればさらに肌の乾燥に強い肌が作れます。一般的に配合されている保湿成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどですが、浸透力を高めるためにビタミンC誘導体が配合されている製品は小じわ改善の効果が高いです。

 

またメーカー独自に開発した保湿成分を配合した製品もあります。ちりめんじわも小じわも保湿効果が高ければ基礎化粧品だけも改善は可能ですが、週に1度か2度の集中ケアを実施すると、短期間でもうるおいのある肌を取り戻す効果があります。小じわもちりめんじわも作らないことが美肌維持の基本ですが、鏡を見てシワを発見した時には即座にケアを開始することが大切です。