食べ物で小じわ対策はできるか

食べ物で小じわ対策はできるか

 

 

小じわ対策に有効な代表的なのはビタミンA・C・Eの3種類ビタミンで、頭文字をとってビタミンのエースと呼ばれています。ビタミンAは脂溶性なので、脂質とともに食べると効率よく吸収出来ます。代表的な食べ物はニンジンですが、レバーやウナギ、卵にも多く含まれています。レバーは日常的に食卓にのぼることは少ないですが、鉄分も多いので女性は積極的に取り入れたほうが良い食べ物です。

 

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれていて脂溶性です。血行促進や血管の劣化予防効果があります。食べ物ではイワシ、ウナギ、アーモンドやカボチャに含まれています。良質な油とともに摂取すると効率よく成分を取り入れられます。

 

3種類うち唯一水溶性のビタミンCは抗酸化作用や美白効果を持っています。野菜や果物に多く含まれているで、たくさん摂取出来るような気がしますが、水洗いをしたり茹でたりすると流出しやすいので十分な量の摂取は難しいビタミンです。不足しないためには野菜や果物をたっぷりと食べることです。

 

小じわ対策にはビタミンは有効ですが、たんぱく質などの食べ物や良質な油も不可欠です。食べ物で小じわ対策をするには、栄養が偏らないようバランスの良い食事をすることが大切です。小じわが出来にくい肌には肌細胞が健康な状態にあります。食生活を見直して肌に良い食べ物を積極的に取り入れると効果的です。

 

小じわが出来る原因は主に乾燥なので、肌細胞の保湿成分を食べ物で活性化させれば改善しやすくなります。ただ食生活に注意をしても生活環境によっても肌は乾燥します。エイジングケア用の化粧品やサプリメントも併用して不足しがちな栄養素を補えば、小じわの出来にくい健康的な肌でいられます。