目元の小じわ改善にはアイクリームが有効

目元の小じわ改善にはアイクリームが有効

 

 

10代のピチピチした肌のうちは、目元に小じわが出来ることは想像も出来ませんが、目の回りの皮膚は薄く乾燥しやすいので、紫外線などで強いダメージを受けると、年齢に関係なく小じわが出来やすいです。極端な例では、洗顔方法の間違いが原因でも目の周りが乾燥してシワが出来ます。

 

また化粧水、クリーム、美容液で丁寧なケアをしていても加齢やストレスにって小じわは出来ますが、改善を目指すのなら目元専用のアイテムの方が安心です。薄くデリケートな目元用のアイクリームは、一般的なクリームより、成分が濃かったり特別な成分を配合しているからというのが理由です。

 

アイクリームが目元の小じわ改善に効果のあるとしても、使い方によっては効果が感じられないこともあります。使用方法を確認してから使用することが大切です。多くのアイクリームに表記されている効果には、乾燥による目じりの小じわの改善、目元にハリと弾力を与えるとなっています。

 

自分の肌に合った製品を選ぶことが大切ですが、成分的にはコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸をはじめとする保湿力の高い成分が配合されている製品を選びましょう。また肌細胞を活性化させる成分も重要です。表皮だけにうるおい成分を与えても、肌全体を健康にしなければうるおいを維持出来ません。コラーゲンの生成のサポートに不可欠なビタミンC誘導体、ペプチドなどのエイジング効果の高い成分が含まれていることも選択のポイントです。

 

目元の小じわにはアイクリームは必須ですが、効果を感じられまでには早くても約1か月、たいていは約3か月継続すると肌の状態が向上しているのを実感出来ます。ただアイクリームは他のコスメより高額な商品が多いので、自分が使い続けらける価格帯であることも重要です。