小じわケアはいつから始めるべき?

小じわケアはいつから始めるべき?

 

 

顔にしわが出来ると年齢よりも老けた印象が強くなります。いくつになっても小じわ・たるみ・シミ・くすみなどの肌トラブルのない肌を維持するには、症状に合わせたケアが必要です。多く場合10代の若い肌はニキビなどのトラブルはあっても小じわはない、しわは加齢のサインと思われていますが、しわが出来る原因は生活環境や食生活も大きくかかわっています。

 

いくつからでき始めて、いつからケアを始めたらいいかという年齢制限はありません。小じわの主な原因は、紫外線などによる肌細胞の乾燥です。屋外での活動が多く長時間紫外線の影響を受けやすい環境にいると、肌が乾燥しやすくなります。10代ぐらいの肌細胞は回復力が強いので、しばらくするとハリのある肌に回復出来ますが、数年後の肌に影響が及んで小じわが多い肌になる可能性もあります。日焼け後のケアはいつから必要かと言えば、年齢に関係なく保湿だけでも怠らないことが大切です。

 

お肌の曲がり角は少し前なら25歳と言われていましたが、実際は20歳前後から始まっています。肌を含めた体の機能維持に必要なコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分は20歳を境に体内に不足しがちになります。

 

不足した場合、体内に必要な部位から優先的に消費され、肌は優先順位では下位になるため、小じわなどのトラブルを起こしやすくなります。また肌細胞は約28日周期で生まれ変わっていますが、加齢によって周期が乱れれば、肌トラブルの回復が遅れ、小じわやたるみなどのトラブルを発症しやすくなります。衰えが見え始めた25歳からケアを始めたのでは回復が遅れます。25歳で遅いのならば、いつからケアを始めれば美肌のままで年齢を重ねられるか気になります。20歳前後が最適と言えます。